わかもの世代を応援します!! *ピアサポ事務局:平日10時から18時*

03-6459-3848

女性向け居場所づくり

自立に困難の有る女子への居場所づくり
(東京子育て事業の若者支援事業)

内閣府のひきこもり調査では「自宅で主に家事や育児をしている」と答えた人を調査対象から外しているということがあるのため、「女性のひきこもり」の実数を推計することが難しいとされています。

しかしながら、最近話題の「ひきこもり女子会」の報道にもあるように「体調や恋愛のこと」、「母娘との確執」、「孤立の子育て」など、女性特有の悩みをもつ方々の数は、決して少なくはありません。

近年、「女性が輝く社会」といわれて久しいですが、実態は離婚が3人に1人、女性の未婚は7人に1人、中でも東京都は都道府県の中で未婚率が最も高い独身天国といわれています。さらに、ひとり親家庭には母子家庭が多く存在し、賃金も低く、厳しい就労環境に置かれています。

こうしたことから、女性が子どもを産み育てるという行為から遠ざかる傾向は、ますます進むことが懸念されます。

また、その女性たちをサポートするための施設や居場所には、男性利用者の割合が多く、女性にとって参加しづらい場所になっているのではないか、という意見もあります。

このことから、私たちピアサポートネットしぶやでは、困難を抱える女性が気軽に参加しやすい環境づくりや、コミニュケーションのサポートを行いながら、彼女たちが社会的な孤立状態から自立へとつながる機会を提供して参りたいと思います。

【編みカフェ】「恵比寿文化祭」クリエータズマーケットに出店

事業名 自立に困難の有る女子への居場所づくり
事業の目的 女性の自立の困難さについて、特にひきこもりや被虐待児等の若者(15~40代)の女性に着目し、社会的な孤立状態から社会とつながる機会を提供します。
事業内容
  1. 相談窓口の設置
    困難を抱える女性が相談しやすい環境づくり
    専用HP開設、電話・メール来所相談
  2. ひきこもっている女子の居場所活動
    外出機会を創出する「編みカフェ」「お絵かきカフェ」の開催
    美術館やショッピング等や、児童養護施設退所者を支援するグループ青空の食事会の開催
  3. 作品の展示や販売などの企画運営をする就労準備活動
    居場所活動の発表の場として、渋谷区内で行われるイベントに出展(出店)
    インターネットを活用した作品ギャラリーやネットショップ等の創設
  4. 孤立しがちな親や家族に向けた、関わりの事例から学ぶ研修会
    困難状況のかかわりは、個々によって異なることから個別支援や、事例をもとにした人権感覚を高め、支援者の資質向上を目指す研修の開催
  5. ひきこもり女子、児童養護施設退所者への聞き取り調査
    ひきこもりや児童養護施設退所者に対して、悩み、困りごと、相談したいことなどを聞き取り、冊子にまとめ、状況の把握と今後の支援に役立てる
事業実施期間 2017年7月19日~2019年3月31日

この事業は
公益財団法人東京都福祉保健財団(http://www.fukushizaidan.jp/313kosodate/)
東京都子育て応援事業から支援を受けて、若者支援事業として実施しています。

ページの先頭へ戻る