わかもの世代を応援します!! *ピアサポ事務局:平日10時から18時*

03-6459-3848

ふっくら目玉焼きとベーコンを作りました

■ふっくら目玉焼きとベーコン

ふっくら目玉焼きとベーコンの完成品

ふっくら目玉焼きとベーコンの完成品

目玉焼きとベーコンです。おしゃれ風に気取って言うとベーコンエッグというのでしょうか。(違うものかな?)

用意するのは卵とベーコン一切れです。

卵は、よく料理の本なんかでは

「あらかじめ常温に戻しておく」となっていますが我が家のキッチン、というか家の中が常に寒くて常温が常温でない状態ですので何か効果があるのか疑問です。

それは置いといて、普段は冷蔵庫から出して10分位は置いておきます。

肝心の作り方は

①卵を器に割っておく

器に割った卵とベーコンを準備

器に割った卵とベーコンを準備

②フライパンに油をしく

③ベーコンをフライパンに入れ、軽く焼く。

フライパンに油をしいてベーコンを軽く焼く

フライパンに油をしいてベーコンを軽く焼く

④割っておいた卵をフライパンに入れる。

⑤白身がやや固まってきたら水を30ccほど入れて、ふたをする。

(この時ジュワーっと油がはねる事もあるので注意)

卵を入れ白身が少し固まったくらいで水を入れます

卵を入れ白身が少し固まったくらいで水を入れます

フタをする

フタをする

ちょっとフタを開けてチェック。・・・まだです。

ちょっとフタを開けてチェック。・・・まだです。

⑥ 白身と黄身がふっくらと、黄身が白身で包まれるような感じの状態になったら火を止める。

これです!白身も黄身もふっくらしています。

これです!白身も黄身もふっくらしています。

ここがポイントです。

写真を撮りましたが、慣れるまでは、待っている間は他の作業を何もせずに、

何度もふたを(少し)開けたりしてその卵の変化を目で見るのがいいと思います。

⑦あとはフライ返しなどで皿に移せして胡椒でも振れば立派な目玉焼きです。

器に盛りつけ、胡椒を振ります。

器に盛りつけ、胡椒を振ります。

それだけではなんとなくさみしいのでレタスを添えてみました。

さみしいので市販のカットされたレタスを添えてみました。

さみしいので市販のカットされたレタスを添えてみました。

冷蔵庫にあれば、スライスしたきゅうりやトマトも付けると見栄えがいいですね。

ふっくら目玉焼きとベーコンの完成です。他のおかずと合わせて出来上がり。

ふっくら目玉焼きとベーコンの完成です。他のおかずと合わせて出来上がり。

おまけ

黄身を箸でちょいと割ってみました。程よく半熟状になっています。

黄身を箸でちょいと割ってみました。程よく半熟状になっています。

黄身の部分を箸で割ってみると半熟状になっています。

おいしそうでしょう?

更新日時: 2009/11/19  カテゴリ: ピアサポーターズクッキング!
ページの先頭へ戻る